男の子の子育て・育児支援ブログ。男の子の体、しつけ、病気、気持ち(心)から相談まで。男の子子育て情報を身に付けて育児ノイローゼなんてふっとばせ!



2005年08月25日

男の子の話を聞く


「話を聞く」なんていつもちゃんとしてますよ。


そんなお母さんも多いかと思います。
私もちゃんと聞いてるつもりだし、
特に問題があるとは考えていませんでした。


でも、本当に私たちは、男の子の話を
ちゃんと聞いて(←ココ重要)いるのでしょうか?


私たち大人は、話を聞くというと「早く正確に」
なんて無意識に思っているような気がします。


もし男の子が小さければ、
ゆっくり話を聞いてあげることができているかもしれません。
しかし、男の子が段々大きくなってくると、
つい大人と話すように、「早く正確に」聞こうとしてしまってはいませんか?


たとえば、男の子が話している最中に
「質問をしたり」「言い方を正したり」「話を聞きだそうとしたり」
そんな「話の聞き方」していませんか?


多分、男の子が話す時は、お母さんに話したくて話したくて
何も考えず、思うままに話している場合が多いせいか
支離滅裂だったりする事も、説明不足だったりする事もあると思います。


そういった場合、親としてはつい「正確に」話してほしいと
話の腰を折ってしまうことが多いのはないでしょうか?


でも考えてみてください。
大人だって話をする時には、「相槌」はほしくても、意見はほしくない。
そんな風に思ったりしますよね。
その上、あんまりうるさく言われると
話をする気さえなくなってしまうのではないでしょうか?


「話を聞く」ということは
相手が心を開いて何か話し出すのをジッと待つこと、だそうです。


では実際どういう風に話を聞けばいいのでしょうか?


まず男の子が話をしたがっているときは、
聞く側(親)が、何かをしながらではなく
必ず、男の子の目を見て話せる時間に聞く。


もし、時間がなくて何かしながらになる場合は
必ず目を見て聞く姿勢を男の子に示すことが重要。


そして聞くときは「相槌」か「共感の言葉」以外は口にせず、
ジッと男の子の目を見て話を聞く。


これでいいらしいです。
思ったより簡単でした?


男の子は大きくなるにつれ、親にあまり話をしなくなってくるようですが、
このように、小さい頃からちゃんとコミュニケーションが取れている親子であれば、
口数少ないながらも、男の子はお母さんにちゃんと話をしてくれるようになるそうです。


もちろん、真偽のほどは冬夜が青年になってみないとわかりませんが・・・(笑)







男の子育児と保険市場がタッグを組みました!



≪無料レポートできました!≫「子供を交通事故から守る! 今すぐ教えるべき大切なコト」



一日一回のご協力お願いします(^^)

子育てブログ村に1票! ⇒子育てブログ村

人気ブログランキングに1票! ⇒人気ブログランキング

このカテゴリの関連記事
増田修治先生の講演会レポート 2| 増田修治先生の講演会レポート 1| 男の子のイライラを受け止める| 物を貸せない男の子| インフルエンザ予防接種| 子供のお箸の選び方| 男の子とペット| 母も成長しなければ| 足を広げないしつけ| 冬夜タオルかじり卒業中| 男の子がおっぱいを触りたがる| あなたの子供を交通事故から守る!今すぐ教えるべき大切なコト| 乗り物酔いは9歳までに決まる| 子供にテレビは見せちゃダメ| 辞書って面白いね| 男の子とウソ| ディスプレイ中毒| 家族の団欒| 男の子の生きる力| 子供が「疲れた」と言うこと| 男の子のケンカ| 死を知る| ありがとうが言えない男の子| お母さん怒らないで~感情表現の大切さ~| 子供と蒙古斑| 子供のほくろ| 2004年男の子命名ランキング-明治安田生命発表| 男の子って落ち着きがない!| 停留精巣(ていりゅうせいそう)| 飛行機の離着陸時の耳痛| 耳アカは母が取る?| 男の子と熱中症-後編-| 男の子と熱中症-前編-| 男の子は体が弱い?| 男の子のやる気を育てよう| 作り話をしよう| 幼児の包茎 後編| 幼児の包茎 前編| 早寝早起き~?後編| 早寝早起き~?前編| おチンチンのかぶれ| 無条件の愛| 物を返せない男の子| 男の子が挨拶をしない| 男の子は乱暴?| 男の子にとっての遊び| ストレス解消-自分の時間-| 育児書との付き合い方| 夫婦ゲンカ| おチンチンを触るくせ(幼児編)| 大人も裸足で遊ぼう| 男の子の話を聞く| のびのび逞しく?| 男の子は甘えん坊| 「男の子」という鋳型| 「チンチン」の謎(幼児編)| 男の子は右脳派?| ほしいのは男の子?女の子?| 男の子育児|
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://otokonoko.sky-po.net/mt-tb.cgi/20