男の子の子育て・育児支援ブログ。男の子の体、しつけ、病気、気持ち(心)から相談まで。男の子子育て情報を身に付けて育児ノイローゼなんてふっとばせ!



2005年10月29日

男の子のケンカ


男の子は自分の思い通りにならないお友達や兄弟に対して
すぐに「嫌い!」と平気で言ったりしますよね。
または相手の子をいきなり叩いたりしてしまう・・・など。


しかし、それを我々親はまともに受け止めて
手を上げたり「嫌い!」と言った子に
「なんて事を・・・、この子は!」なんて言ってしまっていませんか?


実は、男の子は自分の感情の表現方法がわからないので
何かあると、最もわかりやすい「嫌い」という言葉を口にしたり、
叩いたりしてしまうだけなんですね。


ですから私たちは「悲しい」「怒りたい」「イヤな事をされた」など
他の気持ちが男の子の中に隠れている事を理解した上で、
感情の表現方法を男の子に教えてあげる必要があるのです。


もし自分の気持ちを相手に言葉で伝えられるようになれば、
ひどいケンカには発展しにくいですよね。
稚拙な感情表現(叩く・嫌いという)などは、
男の子たちのケンカを発展させてしまうことが多いものです。


特に男の子は感情表現が苦手だとよく耳にしますよね。
しかし男の子はそういうものだと決め付けずに、
きちんと男の子が感情表現をできるようにしてあげましょう。


また「人の気持ちを考える」「人の嫌がる事をしない」なども
合わせて教えてあげなくてはなりません。


さて、では具体的にどのように親が
男の子のケンカに関わればよいのでしょうか?


まず基本は怪我をしないように、危険のないように気を配りながら、
男の子の気の済むまでケンカをやらせていいかと思います。
(ケンカも大切な経験の一つですから)


しかし、まだ男の子が小さくて自力解決が望めない場合や
度が過ぎるようであればここで親の登場です。


我が子が手を上げた方でも、上げられた方でも
まずは男の子に共感してあげましょう。


「悲しかったね」「痛かったね」「~されてイヤだったんだよね」などと
共感してあげることで、男の子はお母さんに自分の気持ちが
わかってもらえていると感じ、少し心が落ち着きます。


もし泣いている場合でしたら、お母さんが共感しつつ
男の子が泣きたいだけ泣かせてあげる事も大切かと思います。


男の子は心が落ち着いてくれば、お母さんからの助言も、
比較的すぅ~と心に入って行き易いのです。


たとえば「そうか~、○○してくれないから、悲しかったんだね。
だから怒ったんだ。でもそういう時は○○してくれないから、
悲しいよ!って言うんだよ」と「嫌い」という言葉で表現した
子どもの気持ちを別の言葉で表現してあげましょう。


助言した後でも、なかなか気持ちの切り替えができない男の子には
場の雰囲気を変えるようにしてあげたりするのも、効果があるようですので、
是非試してみてください。(「おやつにしよう」「滑り台で遊ぼう」など)
初めの頃はこんな風に男の子のケンカに関わっていくといいと思います。


そして徐々に親は関わる回数を減らしていってください。
その後はとにかく男の子の力を信じ「見守る」ことが必要になります。
(これがまた辛そうですが・・・)


しかし、男の子もこのような経験を積んでいくことで、
いつしか自分の感情を言葉で表現できるようになり、
問題の自力解決をできるようになっていくのです。


結局、自力解決を身に付けてもらうためには、
いつまでも親が介入していては、男の子の成長の妨げになるということですね。


ただし、子供同士はこれでいいのですが
相手の親に対するフォローは、親である私たちが担当しなければなりません。
これをおろそかにすると、結構ヒンシュクを買うことになります・・・。
(当たり前ですね)


また兄弟ケンカの場合は、友達同士より遠慮がない分エスカレートしがちです。
その上、お母さんがどちらか一方だけの味方になってしまうと
ますます兄弟間がこじれてしまいますよね。


ですから、各家庭でケンカのルールなどを作るとよいかもしれません。
「怪我をさせない程度に、ケンカをしてもいいけれど必ず仲直りすること」
「お母さんは関与しないから、兄弟で解決すること」など、
家庭で話あって決めてみてはいかがでしょうか。


もちろん「ルールは守る」ということも伝える必要がありますよね。


また普段から両親は、兄弟(各々)のよいところを
兄弟がいる前で伝え続けてみてください。
これは、兄弟ケンカの直接的な予防法ではありませんが、
お互いのよい所を知っている(認めている)兄弟であれば
そうそう絆がゆらぐことはないかと思います。


それに、兄弟それぞれが自分は親から認められていると感じていれば
それほどひどいケンカにはなりにくいのではないでしょうか?


ただ、ケンカはお互いの思いをぶつけ合う良い機会ですし、
自分の思い通りにならない人やものがあるということを知る機会でもあります。
大きくなってからのケンカは、仲直りに時間がかかったり、労力を使いますが、
それでもいい関係を作るきっかけにしていくこともできます。


ですから、親も男の子もケンカに過敏になるのではなく、
どんと構えられるようになれるといいですよね。


ここは一つ、臨機応変、更にはお母さんアレンジを加え
ステキなケンカの見届け人を目指しましょう!


・・・いや~毎回記事を書いてて思いますが、
本当に母って大変ですね(笑)






男の子育児と保険市場がタッグを組みました!



≪無料レポートできました!≫「子供を交通事故から守る! 今すぐ教えるべき大切なコト」



一日一回のご協力お願いします(^^)

子育てブログ村に1票! ⇒子育てブログ村

人気ブログランキングに1票! ⇒人気ブログランキング

このカテゴリの関連記事
増田修治先生の講演会レポート 2| 増田修治先生の講演会レポート 1| 男の子のイライラを受け止める| 物を貸せない男の子| インフルエンザ予防接種| 子供のお箸の選び方| 男の子とペット| 母も成長しなければ| 足を広げないしつけ| 冬夜タオルかじり卒業中| 男の子がおっぱいを触りたがる| あなたの子供を交通事故から守る!今すぐ教えるべき大切なコト| 乗り物酔いは9歳までに決まる| 子供にテレビは見せちゃダメ| 辞書って面白いね| 男の子とウソ| ディスプレイ中毒| 家族の団欒| 男の子の生きる力| 子供が「疲れた」と言うこと| 男の子のケンカ| 死を知る| ありがとうが言えない男の子| お母さん怒らないで~感情表現の大切さ~| 子供と蒙古斑| 子供のほくろ| 2004年男の子命名ランキング-明治安田生命発表| 男の子って落ち着きがない!| 停留精巣(ていりゅうせいそう)| 飛行機の離着陸時の耳痛| 耳アカは母が取る?| 男の子と熱中症-後編-| 男の子と熱中症-前編-| 男の子は体が弱い?| 男の子のやる気を育てよう| 作り話をしよう| 幼児の包茎 後編| 幼児の包茎 前編| 早寝早起き~?後編| 早寝早起き~?前編| おチンチンのかぶれ| 無条件の愛| 物を返せない男の子| 男の子が挨拶をしない| 男の子は乱暴?| 男の子にとっての遊び| ストレス解消-自分の時間-| 育児書との付き合い方| 夫婦ゲンカ| おチンチンを触るくせ(幼児編)| 大人も裸足で遊ぼう| 男の子の話を聞く| のびのび逞しく?| 男の子は甘えん坊| 「男の子」という鋳型| 「チンチン」の謎(幼児編)| 男の子は右脳派?| ほしいのは男の子?女の子?| 男の子育児|
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://otokonoko.sky-po.net/mt-tb.cgi/64

コメント

はじめまして、恐怖のレビューマンと申します。

いつも楽しくブログを拝見さしていただいています。

不躾なお願いで、大変恐縮ですが、私の運営している

情報起業家ブッタ切り
http://review-man.seesaa.net/

と、相互リンクしていただけないでしょうか??

これから頑張ってどんどん大きくしていこうと思っています。

よろしくお願いします。

kigyouka_2005@mail.goo.ne.jp

恐怖のレビューマンより

Posted by 恐怖のレビューマン at 2005年10月30日 19:49

恐怖のレビューマンさん

相互リンクのお誘いありがとうございます。

しかし勝手ながら、弊ブログの相互リンクは
「育児関連のみ」とさせていただいております。
申し訳ありませんがご了承くださいませ。

かんたん相互リンクでは、アダルトなど以外は受け付けておりますので
そちらをご利用くださいませ。

かんたん相互リンク
http://www.quick-links.com/emlj/lp/96509/links.html

Posted by 夏月 at 2005年10月30日 20:12

はじめまして、香穂と申します。
一歳の男の子の子育ての真っ最中なので、とても興味深く読ませて頂きました。
確かに男の子は自分の気持ちの表現が苦手と聞いていましたが、具体的にどのように接していいのか分からなくなる事が多々ありましたので、とても参考になりました。
まずは、子供の気持ちをくんであげることが重要なんですね。
これから頑張っていかないと、と思いました。

よろしかったら、リンクを張らせて頂きたいのですがいかがでしょうか?
イラストを紹介しているHPの傍ら育児日記も運営しているのですが・・・。
ご迷惑でなければ、ご検討下さい。

乱筆、乱文、失礼致しました。

Posted by 香穂 at 2005年10月31日 10:49

息子も平気で「キラーイ」を言っています。
身内に言うのなら、信頼関係ができた証拠かな?なんて思っていますが、お友達や知らない方にまでキライを言った場面では、さすがの私も凍りつきました(笑)。

夏月さんのプログを読みながら、上手に助言、共感が大事なんだと、改めて心に刻みました。

Posted by おまつ at 2005年10月31日 12:55

香穂さん

いらっしゃいませ!!

本当に男の子の育児は悩みますよね(^^ゞ
でもここにも仲間がいますっ。
みんなで協力しあい、楽しく男の子育児をしていきましょうね!

またリンクのお誘いありがとうございます。
ってすっごくイラスト上手ですね~~~。

香穂さんもかんたん相互リンク導入してらっしゃるのですね!
それでは、そちらでしたら、育児系以外もお受けしてますので登録お願いできますか?
よろしくお願いします~


おまつさん

そうなんですよね~。
お友達や知らない人に言っちゃうと親の方が凍りますよね(笑)

うんうん、共感&助言で親子ともに成長するのが
一番ステキですよね!

早く凍らなくて済むようになりた~い(笑)

Posted by 夏月 at 2005年11月01日 06:44