男の子の子育て・育児支援ブログ。男の子の体、しつけ、病気、気持ち(心)から相談まで。男の子子育て情報を身に付けて育児ノイローゼなんてふっとばせ!

2005年11月11日

辞書って面白いね


最近冬夜は


「コレは英語でなんていうの?」


なんてよく聞いてくるようになりました。


始めは小学生でも知ってそうな野菜の名前だったり、
身の回りのものだったので、私もすんなり答えてあげていました。


しかし、最近はちょっと難しい事も聞いてくる様になりました。
って実は私は英語が大の苦手・・・困ったぞ・・・。


そこで、以前使っていた「和英辞典」を引っ張り出してきて
何か聞かれたらすぐに調べてみよう!と思い立ちました。


ですから、最近は冬夜に何か聞かれると


「ちょっと調べるから待っててね!」


といって和英辞典(大人向け)をパラパラしていました。


すると・・・「何だか、辞書で調べるのって面白そう」なんて思ったのでしょうか。


「冬夜も調べてあげる!」


と私から和英辞典を奪い去りました。


そしてパラパラと適当にめくっては、
知っているひらがな・カタカナを読みまくります(笑)


興味のある文字を見つけると、私に読んでと言ってきます。


その上

「わえいじてんってたのしいね!」

なんて言い出しました(驚)


この時私は、楽しい環境さえ与えてあげれば、子供にとって学ぶことは
勉強=苦痛ではないんだなぁ。と実感しました。


私もこういう環境があれば、今頃天才だったかもな~
なんてありもしないことを思ったりもしましたが・・・(爆)


親としては、これで語彙が増えたり、
辞書で調べる楽しさを知ってもらえたらいいな~なんて。
野望を持ってしまいそうですが・・・そう簡単にはいきませんかね?(笑)


2005年11月10日

ディズニー英語システム恐るべし!


以前スーパーでキャンペーンをしていた時に
「ディズニーの英語システム」のサンプルDVD&ビデオをもらった事がありました。


もらった当初は2歳位だったし

「まだ日本語だっておぼつかないのに、英語なんてね~」

なんて思ったりしてましたが、何故か冬夜は興味津々。


見たい!見たい!とうるさいので1回だけ見せてあげました(笑)


するとどうでしょう!


ものすご~~~くうれしそうに、一緒に口ずさんでいるじゃないですか!!


もともと、率先して歌ったり、踊ったりなんてしない子なので
正直、夫も私もビ、ビックリでした。


出演しているのが、冬夜の好きなミッキー&ミニーだったからというのも
あるのでしょうが、非常に興味を持ったことは確かです。


その後も一週間に1.2回くらいの割合でみせてあげていましたら
1ヶ月を過ぎる頃には、ABCの歌などを歌えるようになっていました。
しかもアルファベットも(A,B,Cなど)読めるように・・・(驚)


はぁ~まさに「好きこそものの上手なれ」です。
興味があるときの子供にはものすごい吸収力がありますね!
大人にはない能力ですね(笑)


せっかくだから、このままバイリンガルに?!なんて思ったりもしましたが
結局私は日本語優先にしたい気持ちが強かったので
ディズニー英語システムは購入しませんでした。


後で知りましたが、非常に高額なんですよね~。
ディズニー英語システムって・・・聞いてビックリしました。
ウチで買えるような代物ではありませんでした(苦笑)


でも冬夜はサンプルだけでも気に入ってるから、まぁいいか?


2005年11月09日

男の子とウソ


男の子も段々言葉が出るようになると、母としては、
一緒にいる時間が今まで以上に楽しくなってくると思います。
もう、何を言ってもかわいくて「そうなの?よかったね~」なんて
和やかな時が流れるんですよね~(^^)


しかし、段々言葉に慣れてくると今度男の子は「ウソ」を覚えるようになります。


初めは「おやつを食べたのに食べてない」なんていう
聞き流せる他愛のないものですが、段々「~ちゃんがたたいた」(たたいてないのに)
等と言うようになることがあります。


その現場を見ていれば、すぐに「ウソ」だと見抜くこともできると思いますが
親の見ていない事を言われると、なかなか見抜くことができないかと思います。
ですから、はっきりしない場合は男の子の話を鵜呑みにするのは
止めておいた方が無難かと思います。(特に相手がいる場合)


また「ウソ」を付いているのがわかった時も慌てず騒がす
「ウソ」は付いた方も、付かれた方も悲しくなるからよくない事だと
繰り返し繰り返し教えてあげてください。
くれぐれも強く叱ったりして、男の子を追い詰めたりするのはやめましょう。


これは自我の芽生えであり「自己防衛」「自己正当化」が
出来るようになったが故なので、ある意味成長の一つなんです。
ですから大人の価値観のみで強く叱る事は、逆効果になる可能性があります。
下手をすると、強く叱ることで自己防衛反応が働き、
男の子がウソをつくことを増長させてしまいかねません。


ですからウソをついたという事だけに囚われず、その背景にある理由や
現実には何があったのか等を親としては知っておくべきかと思います。


とはいえ、本人に聞いてもそんなに難しい説明なんてできるわけもないし。


やはり、そんな時すがれるのは、園の先生やママ友達ですよね。
その時子供がどんな様子だったかこっそり聞いてみて判断してみてはどうでしょうか。


ただ小さい子の場合は、出来事の前後関係がわからなくなってしまったり、
「人間関係」や「希望と事実」がごちゃまぜになってしまう、なんてこともよくありますよね。
ウソを付くつもりは全然ないけれど、結果ウソになってしまった。
なんて事もありますので判断は慎重に・・・・。


もう少し大きい子であれば、ウソをついた理由を
本人から聞かせてもらう事も必要かと思います。
その時も、強く叱ったりせず男の子の気持ちを受け止めるという姿勢がよいと思います。
しかし、きちんと「ウソ」に対する親の考えも伝えましょう。


やはり小さい頃から、男の子が自分の気持ちを素直に話せる環境作りは
各家庭でしておいた方がいいと思います。そうでないと、大きくなってから
男の子の素直な気持ちを聞く事ができなくなってしまいますからね。

----------------------------

またまた、非常に対応が難しい問題ですね。
しかしできるだけ慎重かつ冷静に対応できるよう私たちが成長しなければ!
(って私に出来るのか?!)

2005年11月07日

マジジャケット


冬夜の園友達がマジレンジャーファンで、
最近マジジャケットの赤を着てきているんですね。


赤好きの冬夜としては非常に気になっているらしく、


「赤、いいよね」


なんてつぶやいてました(笑)


でも正規品のマジジャケットは高いし(5000円)
ちょっとなぁ~。なんて思って買ってませんでした。


しかし最近では、1着だけ持っているマジレンTシャツばかりを着たがるようになり、
洗濯が全然追いつかない状態に(苦笑)

このままではすぐにTシャツもダメになりそう・・・。


すると、冬夜に甘~い夫が


「マジジャケットを買ってあげようよ」


と言い出しました。もちろんそれを聞いた冬夜は


「買おう!買おう!」と大喜び。


冬夜の喜びように私も折れ、その日に冬夜と近所の大型スーパーへ行き
マジジャケットを購入しました。(私も甘いです・・・汗)


案の定、冬夜はものすご~くマジジャケットを気に入り、
全然脱ごうとしません(笑)


家の中は暑いからさ~と言っても・・・「脱がない!」

お風呂に入るからと言っても・・・「脱がない!」

寝るからといっても・・・「脱がない!」


マジジャケットを無理に脱がして、ハンガーにかけると

「取って、取って~~~~~!」


あんまりうるさいので、見えない洋服かけにかけておくと

「マジジャケットがない・・・ないよ!お母さん!!」と必死で探しまくります・・・・。


なんだ!このすごい執着は!(笑)


今まで、冬夜は何を着ても何も言わない子だったので
あまりの変わりようにビックリ!


本当に好きなんだね・・・。買ってよかったよ(^^ゞ


 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  | All pages