男の子の子育て・育児支援ブログ。男の子の体、しつけ、病気、気持ち(心)から相談まで。男の子子育て情報を身に付けて育児ノイローゼなんてふっとばせ!

2006年01月07日

男の子とペット


先日、夫の友人のMさん宅へ家族で遊びに行ってきました。


Mさん宅では子猫を飼っており、私たちがMさん家に入るや否や、
子猫が玄関までダダダダダっと走ってきました。


我が家はペットを何も飼っていないので、冬夜は子猫を見た途端


「ねこちゃん!ねこちゃん!ねこちゃん!ねこちゃん!ねこちゃん!
 お母さんっ!ねこちゃんがいるよ!!」


子猫も冬夜のあまりの大興奮ぶりに、びっくり仰天(笑)


でも、やはり子供と動物というのはどこか通じ合っているのでしょうね。
お互いにけん制しあいながらも、徐々に近づいてすぐに一緒に遊び始めました。


とはいえ冬夜は、子猫との関わり方が全くわからないので少々ビビリ気味。
触りたくて手を出すけれど、子猫が近づいてくると私のところに逃げてくる。
そんな状態でした。


そして、そんな時に事件は起こりました。


冬夜は、ちょこまかと動く子猫を目でも追いきれず、
ソファーに座って、キョロキョロと探していました。


すると子猫が、冬夜の背後にある隣の部屋から、
いきなり冬夜めがけてジャンピングダイブ!!


私たちが「あっ」っと思った瞬間。


「ぎゃ~~~~~~~~~~~~~!」


いきなり現れた子猫に、冬夜は大パニック。
その様子はまるで「びっくり箱をあけたコテコテ芸人のリアクション」そっくりでした(笑)


その様子をみていた大人たちは、冬夜のあまりの驚き方に大爆笑!


私は冬夜が「怖い」と泣き出すだろうと思ったので、即座に隣に行きました。
しかし驚いた事に、冬夜は泣きもしないし、怖がってもいませんでした。
(びっくりしたので悲鳴はあげましたが・・・)


それどころか、逃げた子猫を探しに走り出したのです。
そして子猫に「大丈夫だった?びっくりさせてごめんね」
なんて声をかけているではありませんか。


私はこんな冬夜見た事ない!と感心しちゃいました。
本当に子猫のことが気になっているのでしょうねぇ。


その後も、一定の距離感を保ってはいましたが、冬夜と子猫で楽しそうに
追いかけっこをしていました(^^)


そんな姿をずっと見ていたら、冬夜のために、
何かペットを飼いたくなっちゃいましたね♪


それにペットはかわいいというだけでなく、
人間に命の尊さを教え、責任感をも養わせてくれるんですよね。


ウチはマンションなので、猫や犬はムリですが
鳥や魚やハムスター、もしくは昆虫などを飼うのもいいかもな~
なんて真剣に画策中です!


みなさんは、何かペットを飼ってらっしゃいますか?


私にペット関連のお話を聞かせてくださ~い!(^^)

 1  |  2  | All pages