男の子の子育て・育児支援ブログ。男の子の体、しつけ、病気、気持ち(心)から相談まで。男の子子育て情報を身に付けて育児ノイローゼなんてふっとばせ!



2006年02月03日

インフルエンザ予防接種


またインフルエンザの季節がやってきましたね~。
子供がインフルエンザに感染すると、重症化することもあるそうですし
余計に心配ですよね。


とはいえ、接種費用が自己負担だから高いし、なかなか病院に行く時間もないのよね。
それに副作用も心配だわ。なんて声もちらほら聞かれます。


そこで、今回はインフルエンザについて勉強してみたいと思います。




【インフルエンザとは】


インフルエンザは、インフルエンザウイルスが原因で発病し、
39度以上の高熱や咳などが強く出る、風邪より重症感のある病気です。
5歳以下の子供がインフルエンザにかかると、「脳症」や「心筋炎」を
併発することがあり、亡くなってしまうこともあるので心配です。


かかってしまった場合は、インフルエンザの薬「タミフル」もありますが、
副作用が強く、小児の患者さんで昨年も幻覚などの意識障害が出現したのが
報告されているので、できるだけ使いたくない薬です。




【予防接種は何歳から受けられる?】


病院によって考え方が違いますが、生後6ヶ月過ぎから受けられます。
ただ、1歳以下の赤ちゃんは有効性が低いこともあります。
13歳以上は1回接種となりますが、13歳未満の子供は抗体がつきにくく
1回に注射できる量が少ないため、2回接種となります。




【予防接種はいつごろ受けるのがいい?】


流行時期はだいたい1月から2月にかけてがピークなので、
遅くとも12月までには予防接種を受けて、抗体をつけておきたいところです。
特に、13歳未満の子供は2回接種となり、1回目と2回目は
2~4週間あけたほうが効果が高いので、計画を立てて早めに受けましょう。




【副作用が心配】


副作用としては、発熱や接種した局部が腫れるなどの症状が
まれに出ることがありますが、ほとんど心配ありません。
卵アレルギーだと受けられないと言われていますが、一概にそうとも言えないようで
受けられる場合もありますので、自己判断でなく、医師とよく相談してみてください。


ぜんそくやネフローゼなどのお子さんは、インフルエンザにかかると重症化しやすいので、
ぜひ予防接種は受けておきましょう。
接種する前に体調は万全か診察を受け、心配事があれば医師に相談しましょう。




【病院によって費用が違うのはなぜ?】


インフルエンザの予防接種は任意接種なので、自己負担となります。
病院によって費用が異なるのは、病院ごとにワクチン代・診療費・注射針・人件費などを
含めたトータルの費用を設定するからです。
一般的に市民病院や大学病院など職員が多い病院では値段が高くなります。




【インフルエンザの予防策】


●予防接種

●栄養と睡眠を充分取る

●人混みを避ける

●適度な温度湿度を保つ(ウイルスは低温低湿を好みます)

●外出後は、うがいと手洗いをする

●マスクを着用する


などが効果があるといわれています。
しかし、小さな子どもの場合、うがいや手洗い、マスクをさせるのは難しく、
体調を崩していても症状を伝えることができません。


「インフルエンザかな?」「体調が悪いかも?」と思ったら、
早め早めの受診を心がけましょう!


ただし、この時期病院へ行くことで、逆にインフルエンザを伝染されることも
多々あります。(私がそうです(^^ゞ)


ですから病院へ行かなくてはならない時には、
せめて待合室であまり待たなくてすむ方法を考えるといいかもしれませんね。
外で待つとか、面倒でも一旦家へ帰るなどなどですね。




予防接種には賛否両論ありますが、冬夜は毎年接種しています。
そのおかげか冬夜は、風邪は引いてもインフルエンザにはかかりませんね~。


もちろん、体質などから接種できない方もいらっしゃると思います。
そんな方たちのためにも、みんなが予防策を取る事は必要なのでは
ないかな?なんて思っています。(予防接種にかかわらず)


・・・しかし一つ疑問点が。
私は昨年の11月にインフルエンザの予防接種を受けました。
しかし、つい先日インフルエンザにかかりました(爆)


今年の流行はA型で、高熱は出なくともインフルエンザにかかっている方が多いそうです。
(37.5℃でインフルエンザ診断したと、近所の小児科の先生も仰ってました)
風邪かな?位でもインフルエンザにかかっている場合もありますので
ご注意くださいね!!


って話がそれましたが、インフルエンザの予防接種をうけていると
もしインフルエンザにかかってしまっても軽くすむらしいのですが、
なんだかちょっと疑問です(苦笑)(←ラクではなかったし)


とはいえ、子供と老人は重症化しやすいそうなので
当面冬夜にはインフルエンザ予防接種は続けるつもりですが
大人は十分に予防対策をしていれば、別に接種しなくてもいいかも。なんて思ってます(^^ゞ


みなさまも臨機応変で、十分な予防策、予防接種をしていただき
とにかくインフルエンザにかからないようご注意くださいませね~~~。


参考:ときえだ小児科院長インタビューより







男の子育児と保険市場がタッグを組みました!



≪無料レポートできました!≫「子供を交通事故から守る! 今すぐ教えるべき大切なコト」



一日一回のご協力お願いします(^^)

子育てブログ村に1票! ⇒子育てブログ村

人気ブログランキングに1票! ⇒人気ブログランキング

このカテゴリの関連記事
増田修治先生の講演会レポート 2| 増田修治先生の講演会レポート 1| 男の子のイライラを受け止める| 物を貸せない男の子| インフルエンザ予防接種| 子供のお箸の選び方| 男の子とペット| 母も成長しなければ| 足を広げないしつけ| 冬夜タオルかじり卒業中| 男の子がおっぱいを触りたがる| あなたの子供を交通事故から守る!今すぐ教えるべき大切なコト| 乗り物酔いは9歳までに決まる| 子供にテレビは見せちゃダメ| 辞書って面白いね| 男の子とウソ| ディスプレイ中毒| 家族の団欒| 男の子の生きる力| 子供が「疲れた」と言うこと| 男の子のケンカ| 死を知る| ありがとうが言えない男の子| お母さん怒らないで~感情表現の大切さ~| 子供と蒙古斑| 子供のほくろ| 2004年男の子命名ランキング-明治安田生命発表| 男の子って落ち着きがない!| 停留精巣(ていりゅうせいそう)| 飛行機の離着陸時の耳痛| 耳アカは母が取る?| 男の子と熱中症-後編-| 男の子と熱中症-前編-| 男の子は体が弱い?| 男の子のやる気を育てよう| 作り話をしよう| 幼児の包茎 後編| 幼児の包茎 前編| 早寝早起き~?後編| 早寝早起き~?前編| おチンチンのかぶれ| 無条件の愛| 物を返せない男の子| 男の子が挨拶をしない| 男の子は乱暴?| 男の子にとっての遊び| ストレス解消-自分の時間-| 育児書との付き合い方| 夫婦ゲンカ| おチンチンを触るくせ(幼児編)| 大人も裸足で遊ぼう| 男の子の話を聞く| のびのび逞しく?| 男の子は甘えん坊| 「男の子」という鋳型| 「チンチン」の謎(幼児編)| 男の子は右脳派?| ほしいのは男の子?女の子?| 男の子育児|
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://otokonoko.sky-po.net/mt-tb.cgi/189

コメント

12月に予防接種を受けたからか、家族全員今のところ安泰です。
何より、インフルエンザが流行ってもある程度冷静でいられる安心感は素晴らしいです。
家族で12000円はきついですが・・・・。

Posted by takeyan at 2006年03月01日 04:18

takeyanさん

インフルエンザにかかっていないのですね!
本当によかったですね~~(^^)

是非これからもご注意いただき
健康で楽しい毎日をお過ごしください~~。

・・・確かに12,000はきついですよねぇ(^^ゞ

Posted by 夏月 at 2006年03月02日 06:07