男の子の子育て・育児支援ブログ。男の子の体、しつけ、病気、気持ち(心)から相談まで。男の子子育て情報を身に付けて育児ノイローゼなんてふっとばせ!



2006年02月14日

男の子のイライラを受け止める


ある日の夜、ご飯も終わり、夫と私はおしゃべりを、
冬夜はミニカーや積み木で一人遊びをして、家族でゆっくりと過ごしていました。


しばらくすると冬夜は一人が寂しくなったのか、私と夫の話をさえぎるように
大きな声で話しかけはじめました。(いつものことですが)


「ねぇねぇ!ねぇねぇ!お父さんお母さん!」


私たちが「なぁに?」と聞いても大した返事はありません。


ただ寂しくて会話に入りたい、会話の中心になりたいだけ
という感じでした。(これもいつものことです)


ですから私と夫は

「ちょっと待ってね。お父さんとお母さんがお話してるから」

となだめてちょっと待ってもらおうとしました。


しかし冬夜はそんな私たちの言葉にもお構いなしに、
大声で会話をさえぎり続けました。
本当に冬夜の大声はものすごいので、
夫と私の会話は成り立ちません(爆)


いつもは冬夜の話を優先して聞いているのですが、
やはり、たまには私と夫だって話をしたいのです。


そのことを冬夜に伝えましたが、頭ではわかっていても
心は納得できていないようでした。


ですからしばらくは

「ねぇねぇ、一緒に遊んでよ」

といい続けてました。
それでも私と夫が話し続けていると、
「ふん!」と一人遊びを始めました。


そして、その後は冬夜は恐怖の意地っ張り星人に大変身!(苦笑)


「ミニカーはお母さんには絶対貸さないからね~」


「触らないでよ?壊れるから!」


また


「抱っこしない!」とか「向こうへ言って」


などと聞こえよがしの一人言。相当イライラが募っている様子でした。


と思った次の瞬間「ゴチンっ!」と音がしました。


ハッと冬夜を見ると、ミニカーに熱中するあまり、前にイスがあるのに気づかず
頭をぶつけてしまったのです。


でも幸い大したことはなく、冬夜も全く泣いたりはしませんでした。


ただ、頭をぶつけてしまったことで、
冬夜のイライラスイッチがONになってしまいました。


いきなり、私のところへ飛んでくると


「痛い!痛いよ!お母さんのせいだ!!」


と叩き始めました。


日常的に「強く叩いたらだめ!」と言ってあるので
初めは軽く、私の表情を見ながら叩いていました。


しかし、私が怒る様子がないのを確認すると、
段々と力を入れて叩き始めました。


最近冬夜も力が出てきているので、強く叩かれると相当痛いのです(^^ゞ


「痛いからやめて」


と私が言っても、イライラスイッチがON状態なので


「お母さんのせいだ!」


と私をバシバシ叩き続けてました。


しかしあまり痛いので私は思わず


「お母さんのせいじゃないよ!冬夜が不注意だからぶつけたんでしょ!」


と少々強めに言ってしまいました。(←大人気ないです)


すると、図星だったからか、更に強く私を叩いてきました。(蹴りも込)


それを見ていた夫は、さすがにここで私たちの間に割って入りました。


夫「冬夜!いいかげんにしろ!それ以上お母さんを叩いたら承知しないぞ!!!」


冬「・・・・」(←びっくりして固まってました)


夫「わかったか!冬夜!」


冬「うんうん」(←うなずくだけで精一杯)


それを見届けた夫はリビングから自分の部屋へ立ち去りました・・・。
(いつも慰め役は私なので、夫は大抵自室へ退場します)


すると、われに返った冬夜は当然号泣!(苦笑)
そして私に抱っこを求めてきました。


私がすぐに冬夜を抱っこをして「よしよし」をしてあげると
安心したのか、更に大号泣を始めました。


冬夜はしばらく泣きつづけましたが、少したつと段々落ち着いてきました。
もう話しても大丈夫かな?と思った私は冬夜にこう話かけました。


「お父さんもお母さんはわかってるよ、冬夜は寂しかったんだよね」

「ただ一緒に遊んでほしかっただけなんだよね?」


すると冬夜は、その通りだと言わんばかりに
かわいく「ひ~んひ~ん」と泣き始めました。


「でもね、お父さんとお母さんもお話がしたかったの。」

「だから冬夜が少し待っててくれれば、すぐに一緒に遊べたんだよ?」

「それに叩くのはよくないよね?冬夜はわかってるもんね?」


と私が言うと「コクン」とうなづいてくれました。


その後も少しべそべそしてましたが、気持ちが落ち着いたのか
いきなり、すっくと一人立ち上がりました。
そしてスタスタとミニカーを持ってきて、
私に「はい、どうぞ」と渡してくれました。


「うん??ありがとう」と私が困惑していると


「さっきは貸さないよとか、触らないでって言ってごめんね」


と冬夜が何回も何回も謝ってくれるのです。(涙)
そして、貸さないよと言ったミニカーを何度も私に手渡してくれました。


私はこの時


「なんて素晴らしい子なんだろう!」


と感激しました。(←真剣に親バカです)


私は、今すぐこの素直な気持ちを冬夜に伝えたい!と、


「冬夜のその素直な気持ちステキだね。お母さん冬夜のその優しい気持ちがすっごくうれしいよ!」

「だから、さっきみたいに意地を張ったり、いきなり叩いたりするんじゃなくて、
 寂しいとか、楽しいとか自分の素直な気持ちを言葉にしてみようよ」

「難しいことだけどお母さんも頑張るから、一緒に頑張ってくれる?」


と言ってみました。すると冬夜も


「うん!頑張る!お母さんごめんね・・・」


と言ってくれました。


私もスルリと


「お母さんもごめんね、寂しい思いをさせちゃって・・・」


と言ってました。


やっぱり素直な気持ちって伝染するんですね~。
なんだか冬夜と2人で暖かい気持ちになりました。


その後の冬夜はいつもにも増して、私にベタベタしていました。
そして「抱っこして~~~手をつないで寝たい!」と言い
私が冬夜を背中から抱きしめ、手を握ると、1,2分で寝息を立て始めました。


ご存知の通り、現在冬夜はガジ断ち中なので、寝付きが非常に悪いのですが
この日ばかりはスッと安心して眠れたようです(^^♪


こんな風にいつも冬夜を安心させてあげられれば、
ガジ断ちもスムーズにいくんですよね!


って私がダメ母なので、そうは問屋が卸さないんですがね、トホホ。







男の子育児と保険市場がタッグを組みました!



≪無料レポートできました!≫「子供を交通事故から守る! 今すぐ教えるべき大切なコト」



一日一回のご協力お願いします(^^)

子育てブログ村に1票! ⇒子育てブログ村

人気ブログランキングに1票! ⇒人気ブログランキング

このカテゴリの関連記事
増田修治先生の講演会レポート 2| 増田修治先生の講演会レポート 1| 男の子のイライラを受け止める| 物を貸せない男の子| インフルエンザ予防接種| 子供のお箸の選び方| 男の子とペット| 母も成長しなければ| 足を広げないしつけ| 冬夜タオルかじり卒業中| 男の子がおっぱいを触りたがる| あなたの子供を交通事故から守る!今すぐ教えるべき大切なコト| 乗り物酔いは9歳までに決まる| 子供にテレビは見せちゃダメ| 辞書って面白いね| 男の子とウソ| ディスプレイ中毒| 家族の団欒| 男の子の生きる力| 子供が「疲れた」と言うこと| 男の子のケンカ| 死を知る| ありがとうが言えない男の子| お母さん怒らないで~感情表現の大切さ~| 子供と蒙古斑| 子供のほくろ| 2004年男の子命名ランキング-明治安田生命発表| 男の子って落ち着きがない!| 停留精巣(ていりゅうせいそう)| 飛行機の離着陸時の耳痛| 耳アカは母が取る?| 男の子と熱中症-後編-| 男の子と熱中症-前編-| 男の子は体が弱い?| 男の子のやる気を育てよう| 作り話をしよう| 幼児の包茎 後編| 幼児の包茎 前編| 早寝早起き~?後編| 早寝早起き~?前編| おチンチンのかぶれ| 無条件の愛| 物を返せない男の子| 男の子が挨拶をしない| 男の子は乱暴?| 男の子にとっての遊び| ストレス解消-自分の時間-| 育児書との付き合い方| 夫婦ゲンカ| おチンチンを触るくせ(幼児編)| 大人も裸足で遊ぼう| 男の子の話を聞く| のびのび逞しく?| 男の子は甘えん坊| 「男の子」という鋳型| 「チンチン」の謎(幼児編)| 男の子は右脳派?| ほしいのは男の子?女の子?| 男の子育児|
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://otokonoko.sky-po.net/mt-tb.cgi/192

コメント

冬夜くんもお母さんもすばらしいですね!
うちは頭では分かっていても、なかなか実践出来ません。
お父さんも協力的で羨ましいです。
うちでは私が怒っている時に、ダンナさんも怒ってしまうことが多いので・・・・・
私としては、どちらかが怒っている時は、もう一人がフォローに回るようにしたいのですが、ダンナさんにはそれがわからないようで。
私もつい感情的になって怒ってしまうことが多いので、夏月さんを見習いたいです。

Posted by you-man at 2006年02月17日 16:52

you-manさん

コメントありがとうございます!

って私なんて全然素晴らしくないです~~(^^ゞ
いつもは怒りまくってますから(苦笑)

たまにこのように対応できるときもある・・・。

そんな感じです~~誤解の無いよう(笑)

私も感情的にならないようにするのが
めっちゃ課題だったりしますよ~(苦笑)

ただ、夫と私は暗黙の了解的に
どっちがが怒ったら、どっちかは怒らないようになってますね~。
両方から責められたら子供を追い詰めてしまいますからね。

もちろんご家庭ごとに色々な決まり(ルール)があると思いますので、
夏月家はこんな感じなんだなぁ。
という風に軽く読んでいただければ幸いです。

Posted by 夏月 at 2006年02月18日 18:46

こんにちわ。

微笑ましく拝読させていただきました。
我が家もそういう事があります。
でも、言葉で思いを伝える事ができる冬夜くんもすごいですね。
我が家ではこうはいきません。
改めて、自分の思いを伝える言葉の大切さを感じました。
親として言葉を教える事も子供の財産ですよね。
私はあまりボキャブラリーがないので
余計にそういう風に思ってしまっているのかもしれませんが…

いつも励みになります!
私も前進あるのみ!で頑張ります☆

Posted by まきんこ at 2006年02月20日 07:59

まきんこさん

コメントありがとうございます!

そうなんですよね。
男の子はとくに言葉が苦手な傾向がありますよね。
それで、乱暴な方向へ向いてしまうというのもあると思うので
ウチでは「言葉で説明する」を大事にしています。

といっても、私自身が語彙もすくなく説明ベタでなので(爆)
親子ともに成長中というところです(笑)

ホント!あきらめず、楽しみにながら
一緒に前進していきましょうね(^^♪

Posted by 夏月 at 2006年02月21日 06:20

はじめまして。
以前ブログへのリンクをさせていただいた報告のメールを送りつけた者です^^;
コメントは初めてさせていただきます。

お母様も息子さんも、すばらしいですね。
「なんてすばらしい子なんだろう」と感激するお気持ち分かります…。

うちの息子は2歳6ヶ月…
絶対に「ごめんなさい」をしてくれません。
冬夜君のようにまだ上手く喋れないのですが
それでもこちらの言うことはもう分かっているんです。
それなのに、絶対にごめんなさいだけはしません…
もう長い間、何度も何度も教えてきているのに…
どうしてだろう?なぜだろう?私の頭の中はそればかりです…。
夏に二人目を出産予定です。
お兄ちゃんになる前に、素直にごめんなさいが言える子になって欲しいと思うのですが…
もうどうしていいか分からず、涙が出てきてしまいます…

突然の書き込みがこんなくらい内容でごめんなさい。

Posted by まめ at 2006年03月01日 23:38

まめさん

コメント&リンクをありがとうございます!!

まず始めに、息子君が「ごめんなさい」を言えないとのことですが、
全然心配なさらないでください~(^^)

だってまだ2歳ですもの~
ウチだって3歳半をすぎたころから、本当に少しづつ少しづつ
言えるようになってきたんですよ~

それに言えたら言えたで、別の心配も出てきますし
悩みが尽きる事はなさそうです(笑)

たとえば、謝るけれど、心がこもってないとか。
「あ~ごめんね」とか「ごめんごめん」とさらりと言われると・・・ねぇ(笑)

ですからとりあえず「人事を尽くして天命を待つ」という気持ちが一番かと思います。

ってそれができれば苦労はありませんけれどね(爆)

きっとまめさんは今、下のお子さん出産が近いこともあって
少し息子君にしっかりしてほしいとお考えなんですよね。
きっとそんな気持ちを息子君はひしひしと感じてるはず(^^)
息子君は息子君なりに、確実に成長してくれます!!

今は焦らず、怒らず(←自分の反省点・笑)長い目で見てあげることで
長男君も必ず「ごめんね」がいえるようになりますよ~~。

逆に楽しみに待ってあげてください。
その時が来たら、是非長男君を大いに褒めてあげてくださいね!

そのご報告心待ちにしております(^^)

Posted by 夏月 at 2006年03月02日 06:22

はじめまして。妊娠10週目の初心者パパです。

うわー、とってもかわいらしいエピソードですね!
こんな男の子に育ったらいいなぁ。

Posted by うっかりさん at 2006年03月19日 09:36

うっかりさん

はじめまして!コメントありがとうございます。

妊娠10週目で、すでにお子さんの勉強をはじめられているうっかりさんは素晴らしい!
私なんて、子供が生まれてしばらくしてからですよ~(爆)

今回は、コメントをいただいたにも関わらず、
お返事が大変遅くなりましてもうしわけありませんでした。

実は現在、諸事情でブログとメルマガをお休みしております。

時間ができましたら、またきちんと更新をしたいと思っておりますが
しばらくはお休みをいただきたいと思います。

それでは、またお目にかかれることを楽しみにしております。

Posted by 夏月 at 2006年04月10日 07:00